周波数の変動を検出し、トランス越え連系台数の制限をなしに

独自技術「AICOT(単独運転防止技術:Anti-Islanding Control Technology)の搭載により、地域全体の設置可能量の制限をなくすことができるパワコン。また、連系協議において相互干渉試験が不要となった。

【推薦理由】従来、パワコン設置時には、電力系統の安全を守るため、連係協議において相互干渉試験が必要であった。オムロンのAICOT搭載パワコンでは新技術により試験データの提出が不要に。トランスを超えて単独運転を検出することができるようになったため設置台数の制限についての問題も解消。PVの普及に大きく貢献している。画期的なAICOT技術は、電気安全環境研究所(JET)認証として基準化を実現した。

参考URL:www.omron.co.jp/energy-innovation/
写真提供/オムロン株式会社