光をあてると電気がたまる次世代の「蓄電蓄電機能内蔵太陽電池」の開発・研究

色素増感太陽電池(DSC: dye sensitized solar cell)は、低照度での効率の高さと製造コストの低さを兼ね備えた第3世代の太陽電池。蓄電機能も内蔵可能な夢の太陽電池。

【推薦理由】「光エネルギーを化学エネルギーに変換した後に電気エネルギーに変換する」という独特な機構を利用して太陽電池そのものに二次電池機能を付与することに成功。この「エネルギー貯蔵型色素増感太陽電池」をモジュール化すると,モジュール全体の稼働率が上がるなどの有用な機能が見られる。蓄電状態の可視化も可能で、実用化への期待が膨らむ新技術として注目されている。
 
参考URL:www.dsc.rcast.u-tokyo.ac.jp/
写真提供/瀬川浩司研究室