70MWの発電能力はワールドクラス! 鹿児島湾に出現した国内最大のメガソーラー

11月1日に稼働した国内最大規模の70MWを誇るメガソーラー。鹿児島湾に面した埋立地(面積は約127万㎡)には太陽光パネルが約29万枚、500kWのパワコンを140台設置。

【推薦理由】東京ドーム約27個分の広大な土地に、京セラ製の多結晶シリコン太陽光パネル約29万枚を設置。年間発電電力量は約7万8,800MWhで、これは一般家庭の22,000世帯分に相当し、鹿児島県の消費電力の2.2%を賄える。 日本のソーラーが、世界規模に肩を並べたという象徴的な存在となった。
 
参考URL:www.kyocera.co.jp/energy/
写真提供/鹿児島メガソーラー発電株式会社